コラム中心のサイト運営! byぺぺ
☆コラム自己流分析☆

◎心はいつもオーナー気分(2005/10/31up)

めっきり短期投機家としてのイメージがなくなってきた自分ですが、最近は投機欲もなくなり、精神状態は安定しています。(持ち株の業績がいい感じに推移しているというのもありますが。)

サイト名どおりにゆったりとした投資ができるようになってきて、株価の変動に快感を覚えることもなくなってきました。(短期投機家のころは株価が自分の予想していたとおりに動くとそこに快感を覚えたものです^^;)

最近の投資における快感というのはずばり、

「自分はその企業の所有者なんだ!」

と思えるところです。
(まぁ〜、言葉にしてみるとかなり痛い発言に見えますね^^;)

しかし、ようやく自分なりの長期投資の楽しみ方がわかって良かったと思っています。
自分の精神の安定につながるのならば、この痛い発言も想定内ですよ!


短期投資のときは株価が買い値よりも上昇していったときに、楽しみ・快感を覚えていました。

今は企業を所有していることに楽しみ・快感を覚えています。
もちろん、現在の持ち株の銘柄によっては、楽しめないような銘柄もありますけど^^;

アドテッ○ス(6739)・・・・・・・・・。

しかし、逆をいえばオーナー気分に浸って気持ちいいと思える銘柄を保有すれば、長期投資を楽しめるのではないのかなとも感じています。

ではオーナー気分に浸って気持ちいいと思える銘柄はどんな銘柄なのか?

答えはずばりこれ!

「業績好調が今後も(欲を言えば永遠に)続きそうな銘柄!」
(儲けているというのが実感できているとオーナーは気持ちいいもの。)

もしかしたら自分は長期投資家でもないのかもしれないと思いはじめています。

最近は自分のことをオーナー投資家であると思ってます。


※私の自己満足論議にここまでつきあってくれて本当にありがとうございます。一人の投資家の哲学としてご参考にしていただけたら本望です。(参考にならないか・・・。)







◎御醤油屋さん・・・・(2005/11/4up)

「サンビシうす塩しょうゆ」
東海地方在住の自分にとって醤油といったらサンビシ(2808)です。
サンビシは名証に上場している上場企業で、しかも1896年設立で歴史は古く、超がつくほどの老舗屋さん。最近の業績は打ちになっているような気もしますが、今後もひっそりと醤油屋さんとして続いていくものだと思ってました。

株式投資とは怖いものです・・・・。
まずはサンビシの昨日までのチャートをご覧ください。



見事な崖が出来上がっています。

堅実な醤油屋さんにいったい何が起こったのか?

 サンビシは10月28日に名古屋地方裁判所に対して民事再生手続開始の申し立てを行ったと発表した。負債総額は9月30日時点で約95億円。サンビシは、同社の及部社長が代表取締役を兼務するサンビシ商事に対して46億2700万円の債権を保有していたが、サンビシ商事が28日に破産手続き開始を名古屋地裁に申し立てたことから、サンビシも9月中間期末に20億円前後の債務超過となる見込みになった。サンビシ商事の破たんは、資金運用子会社によるデリバティブ取引の失敗によるもの。
(以上ロイター通信より抜粋)

負債総額は95億円。
ちなみにサンビシの総資産は122億円。

デリバティブ取引で巨額の損失を出すという話は多々ありますが、
ひどい話だと思います。

株主にしてみれば、きちんとお醤油事業をやっているのかと思ったら、
リスクの高いデリバティブ取引をこっそりやっているなんて・・・。

しかもサンビシ商事の子会社でやるという周到ぶり・・・・株主をバカにしてるとしか思えませんです。

社長自らデリバティブに手をだしたのか、はたまた違う人がやっていたのか定かではありません。

こういう事態から投資家が自分の身を守るためにどうすればいいのか?
現在私は、経営者について勉強中ですが、第一条件としてこれをあげておきたいです。

「経営者が誠実な企業を選ぶ」


しかし、誠実な経営者をどうやって見分ければいいのか?そこのところがポイントです。
見分け方はまだわかりません・・・。






コラムトップへ戻る


トップへ
Copyright(C) 2004-2005 Pepe All Rights Reserved
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO