コラム中心のサイト運営! byぺぺ
☆コラム自己流分析☆

◎長期投資の心得2(2005/10/15up)

長期投資家たるものファンダメンタルでよしとした株を一度買った後は、その後の日々の株価変動に一喜一憂してはいけない。

とくに株価に心を支配されていては駄目。
株価なんてものは得体の知れない商人が勝手に値段を決めてるだけのもの。
高い値段をつけてくる日もあれば、安い値段をつけてくる日もあります。
(市場は間違うことが多いです。)

株価はきまぐれですから、上にいったり下にいったり日々動いています。
短期売買を狙うテクニカル投資家はこの動きに注目していなければついてはいけません。
でもファンダメンタル投資家はこの動きよりも業績を気にしていればいいはずです。

ファンダメンタル投資家は企業分析をして、その会社の株の真の価値というものを導き出します。
(その値段がたいてい売りの値段になります。)
株価が真の価値より割安ならば買います。


そして買った後に気にすることといったら、何なのか?
真の価値より安く買えたのだから業績だけ四半期ごとに眺めておいて、株価なんてとうぶん気にする必要ないはずです。
業績が思惑通りになっていけば、あとは勝手に市場が動いて、
株価は自然と真の価値に近づいてきます。

(まだ投資をはじめて1年ですが、そういう銘柄はいくつかありました。
「えっ?これ割安だけど、本当に見直されるのかな?」
そう迷ってる間に上昇していきました。さらに間違って真の価値よりももう一段上昇してくれているというプレミア付きのものもありました。「市場は間違うものだ!」という言葉はずばり割高時にでもいえる言葉。)


だから、株価がぜんぜん動いてくれなくても、業績が良いことが分かっていれば、安心して保有していていいといえると思います。
(悪材料での下げについてはきちんと分析すべきだと思いますが。)


また、業績チェックよりも大事なことは他の上昇している銘柄に気をとられないという点です。
資金が乏しく、株の初心者の方に多いと思います。
持ち株が上昇していなくて他の株が上昇していると、
ずばり「乗遅れた!?」みたいな感覚に陥ることが!

そうなると動いてない持ち株を捨てて、上昇している銘柄へ飛び乗っては失敗してしまいます。
(投機というのは成功するけれど、最終的には絶対失敗します。なぜなら、たいていの投機家は投機が失敗するまで取引を止めないからです。)
乗り捨てた割安銘柄はその後、真の価値へと上昇していくでしょう。


そんなことを(乗り捨てた)会社の経営者が知ったら、きっとこういうでしょう。
「せめて1年ぐらい見守ってくださいよ!そんな1日や2日で結果がでるわけが無いでしょ^^;
業績よければきちんと配当も出しますから!」






◎株の情報収集(2005/10/17up)

次にあげる3つのサイトは私が株に関する情報収集をしたいときに使っているサイトです。

1、トレーダーズウェブ
2、株式マップ.COM
3、ケンミレ株式情報



1、トレーダーズウェブ
様々な株式情報が無料で手に入ります。
自分がよく見てるのは国内株式情報、経済データ。
国内株式情報では、その日の概況からマーケットの話題、外資系の動向、話題の銘柄など。
経済データでは、国内及び国外の指標も見やすくなっており(総務省とかで調べるよりはここのほうが見やすいです。)、おおまかな情報が欲しいときとかは便利です。
また、トレーダーズプレミアムウェブではお金を払えばよりプロ並みの情報が得られるようになります。


2、株式マップ.COM
このサイトは銘柄探しに向いているサイトです。
割安性・成長性など自分の好みに応じて銘柄を探し出してくれます(銘柄探しナビ)。
基本的には無料で提供されています。無料会員登録をしますと、さらに運用ゲーム(1億円の資産をどれだけ増やせるか?)に参加できたり、掲示板に投稿できたりします。
また月1万円支払うことにより、有料情報もえられます。(サンプル画像


3、ケン・ミレニアム
いま一ヶ月だけ無料でケンミレの割安株投資ソフトが使えるキャンペーン実施中です。
まだどんなものか使ったことがないので詳細はわからない(短期売買の方には最適かもしれません、長期の方でも買い時がわかるので便利です。これなかなか面白いです。)のですが、無料登録するだけでオリジナルの「CD−ROM」が送られてきます(無料登録しましたがまだ送られてきてません。)。楽して儲かるなんてうまい話は決してありませんが、無料なのでケンミレの割安株投資ソフトどんなものなのか、登録してみるのもイイと思います。
(※割安株投資ソフトは基本的には有料情報なので月1万円かかります。)
無料登録して割安株投資ソフトを体験してみましょう!!
登録はこちらからできます→ケン・ミレニアム


※おまけ
チャートフォリオ
このサイトはトレンド検索するのに向いています。
独自のシステムでその銘柄のトレンドパターンを判断できるようになってます。
このサイトでは銘柄が業界別に分かりやすく区分されているので、自分は同業種にどんな会社があるのか(持ち株のライバル会社を)調べたいときに使ってます。








コラムトップへ戻る


トップへ
Copyright(C) 2004-2005 Pepe All Rights Reserved
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO