有利子負債が多いところは気をつけてbyぺぺ
トップへ
初心者の方へ
はじめに
証券会社に口座を開こう
証券会社の種類
投資スタイルは?
投資と投機
ファンダメンタル分析四季報を読んでみよう>四季報攻略編

第4章 財務健全性をチェック

【財務】という欄を見てください。
「総資産」「株主資本」「株主資本比率」「資本金」「利益剰余金」「有利子負債」という項目が確認できるかと思います。

四季報には慣れない言葉で難しく説明してあるので、これをアバウトに自分語訳にしてみました。自分誤訳になってないことを祈ります(-人-)

【財務】
総資産・・・・・・・・・企業の総財産(土地とかも入るよ)
株主資本・・・・・・・株主達から集めたお金(借金以外の金)
株主資本比率・・・株主資本÷総資産
資本金・・・・・・・・・株主からの投資金(株主資本の一部です)
利益剰余金・・・・・企業が今まで儲けた金(これも株主資本の一部です)
有利子負債・・・・・借金ですね(@_@)


で、こっからいったい企業の何がわかるのか?
ずばり、その名のとおり財務の健全さ!
このうち財務の健全さを使うのは、総資産と株主資本と株主資本比率と有利子負債。特に企業の良し悪しの判断基準となるとしたら、株主資本比率有利子負債のふたつが重要。

有利子負債の借金は少ないほうがいいに決まってる。

では株主資本比率は?
株主資本比率は株主資本÷総資産です。すると株主資本は株主のお金であり、借金とかではないものなので、株主資本比率の割合が大きければ大きいほど、借金の割合が少ない。
つまり株主資本比率が高いほどその企業の財務は健全であるといえる。

例を出してみました。
(4746)東計電算の場合
総資産     11418百万円
株主資本    8829百万円
株主資本比率   77.3%
有利子負債(借金)    0円
借金がなくて株主資本比率が高く、財務は健全であるといえます。

次に
(5405)住友金属工業の場合
総資産       1938970百万円
株主資本      413134百万円
株主資本比率        21.3%
有利子負債    1050862百万円

借金が目立ちます・・・。数字だけから判断するとこの会社は財務が最悪となります。
しかし!!実はこの借金というのは各業種によって平均値は様々であり、住金の場合、鉄鋼業界ではこの借金でもOKな数字なんです!!
(他にも自動車業界とか造船業界とかも借金は高い。)


だから一概に株主資本比率が低いから、借金が多いからで財務の健全さや企業の良し悪しを判断するのはやめといて、他の指標と組み合わせて判断するのが適切だと思われます。(PERやPBRなど)


しかし株主資本比率が高いことにこしたことはないと思います。
(ただ株主資本比率めっちゃ高いのにあまりよろしくない企業もありますよ、それはたいてい増資しまくってる会社だと思われます。)



四季報トップへ戻る        業績から将来をうらなえ!へ進む

ファンダメンタル分析
ファンダメンタル分析ってなに?
PERを理解しよう
PBRを理解しよう
ROEを重視する理由
→四季報を読んでみよう
 四季報攻略編
第1章 会社名の欄には何が?
第2章 必見!9行のコメント欄
第3章 耐久性は株主欄から
第4章 財務健全性をチェック
第5章 業績から来期をうらなえ!
第6章 キャッシュフローの重要性
第7章 平均年齢と平均年収
第8章 資本異動欄から判断
最終章 スクリーニングで銘柄探し
テクニカル分析
テクニカル分析ってなに?
チャートって何?
移動平均線とは?
サポートとレジスタンス
主なテクニカル指標
トップへ
Copyright(C) 2004-2005 Pepe All Rights Reserved
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO