やっぱり、PBRは低いほうが安心です!byぺぺ
トップへ
初心者の方へ
はじめに
投資スタイルは?
投資と投機
ファンダメンタル分析>PBRを理解しよう

続いてPBRとはなにかを知りましょう!!
PBRは会社の株主資本から、現在の株価が割安か割高かを判断する指標です。

PBRの計算方法は、
現在の株価÷1株あたり株主資本
(例)現在の株価550円 1株当たりの株主資本500円
PBR=550÷500=1.1   PBR=1.1倍
(※倍と表示するのは現在の株価が1株あたり株主資本の何倍かをあらわしているからです。)

この数字が高ければ高いほど割高であり、低ければ低いほど割安となります。

ただし例外もあるんです。
その例外を説明しますと例えば・・・、

ポコポコ株式会社 現在の株価1100円 1株あたりの株主資本1000円
セコセコ株式会社 現在の株価500円 1株あたりの株主資本1000円

という二つの会社があるとします。


この場合PBRは
ポコポコのPBR=1100÷1000=1.1倍
セコセコのPBR=500÷1000=0.5倍

数字だけをみればPBRの低いセコセコの方が割安に見えます
しかし、PERも加えて、考えてみると・・・、

ポコポコのPER5.5倍(1株あたりの利益200円)
セコセコのPER50倍(1株あたりの利益10円)
(※PERというのは数字が低ければ低いほど割安ですが・・・)

このふたつの数字からは、ポコポコのほうはかなり割安であるといえます。セコセコのほうは割安に見えて実は利益をあげていないようです。セコセコのPBRが低い理由はそこからきているようです。(こういった数字の会社を調べるとたいてい増資を行っている会社が多いです。(例 1491○外鉱業など)
(※増資  新たに株を発行して資金を調達すること)

《まとめ》
・PBRの数字は低ければ低いほど割安(例外あり)
・PERと組み合わせて見るとより効果的です




さぁ、次は会社の成長率を調べるROEについてです、パパッと理解しちゃいましょう!!


トップへ戻る                ROEを重視する理由へ進む

ファンダメンタル分析
ファンダメンタル分析ってなに?
PERを理解しよう
→PBRを理解しよう
ROEを重視する理由
四季報を読んでみよう
テクニカル分析
テクニカル分析ってなに?
チャートって何?
移動平均線とは?
サポートとレジスタンス
主なテクニカル指標
トップへ
Copyright(C) 2004-2005 Pepe All Rights Reserved
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO